製品名|サーマルヴューX TDシリーズ

 差分機能を搭載するTDシリーズはサーマルヴューX中でも数多くの機能を備えるハイエンドサーモグラフィ。
 経時変化計測、バックグラウンドの変動補正計測、印加エネルギーの微分計測等に使用されます。以下、機能の詳細になります。

PC上でのリアルタイム熱画像表示

 ギガビットイーサネットによるPCダイレクト表示により、パソコン上でリアルタイムに画像表示、解析を行うことが出来ます。
 近年パソコンの処理能力はマルチコア・メニーコア化、大容量メモリ、SSD採用により非常に向上しており、低コスト・高パフォーマンスの画像処理装置と言えます。サーマルヴューXはパソコンに直接熱画像データを送り、リアルタイムに熱画像を表示、処理、解析が行えるようにしています。

全画素温度計測

 

 サーマルヴューXはリアルタイムに全画素の温度データを取得します。  言い換えれば、画素数分の放射温度計を並べリアルタイムに計測している事と同じ事になります。
 熱画像のみ、あるいは中心1点の温度測定に比べ情報量が多く、より多彩な解析が可能です。

マウスオーバー温度表示

 マウスオーバーで簡単に測定温度を確認できます。
 どこが何℃だったのか熱画像上にマウスを動かせば、温度と座標が表示されます。  マウスなので非常にスムーズにカーソル移動できます。データ出力せずとも簡単に温度確認ができます。

VGAクリア画像処理

 サーマルヴューX-HR-B は、使用するカメラの画素数に関わらず640x512ドットの大画面で表示します。
 画素数が少ないと画像が小さくなり局所の発熱など視認しにくくなりますが、サーマルヴューXでは大画面で確認できます。  画像だけ処理するので、温度データは画素数のまま別に保持されます。

高速GigE通信

 ギガビットイーサネットとは通信速度を1Gbpsに高めた高速Ethernet規格であり、USB2.0の理論値480Mbpsの2倍以上の速度規格にあたります。また最長で理論上100mまで伸ばすことができる通信規格でもあります(USBは5m)。
 サーマルヴューXHRでは全機種ギガビットイーサネットインターフェースを搭載した高速通信サーモグラフィです。

クリックNUC(均一性補正)

 パソコンからの制御が可能で、ワンクリックでNUC(熱画像の均一性補正)を行うことが出来ます。  サーモグラフィにおいてNUCは非常に大事な処理になります。
 室温付近の赤外線の変化を感知するサーモグラフィは、周囲の変化にも敏感に変化してしまい、結果熱画像の均一性が崩れてしまうからです。  通常自動で行われますが、サーマルヴューXでは任意のタイミング(例えば画像保存直前)にマウスクリック1つでNUCすることができます。  

温度静止画保存

 熱画像を全画素の温度情報付で保存することが出来ます。  サーマルヴューXではワンクリックで瞬時に保存することが出来ます。リアルタイム表示を止めることなく、極めてスムーズに行えます。
 ファイル名は自動でナンバーと撮影時間が入るため、管理も簡単です。また保存データにはミリ秒まで撮影時間が記録されます。

温度動画保存

 ワンクリックで連続した熱画像を1つのファイルに保存することが出来ます。設定枚数分だけ静止画を連続で撮影することも可能です。  動画のように動作中の温度を撮影したり、デジカメのように数枚をまとめてとることでベストショットを選択することも出来ます。
 時間は各フレームミリ秒単位まで記録されます。あとからいつ撮影したフレームか全てわかるようになっています。  データはAVIファイルとして一般的な動画ファイルに変更することが可能です。
マルチスレッド、メニーコアに対応した新しい処理で、画像処理とは別ループで保存を行うため、リアルタイム表示を止めることなく、極めてスムーズに行えます。

保存データ解析

 サーマルヴューXの全機種で保存データの解析を行えます。
 内容はシリーズ・タイプによって異なりますが、画像表示、表示温度範囲変更、全画素温度処理、放射率・背景温度変更、放射率・背景温度変更による画像表示変更、ビットマップ出力、CSV出力など標準で使える機能も数多くあります。

ポイント、ライン、エリアによるデータ指定、描画

 それぞれ描画し、その下に温度情報と座標を表示することが出来ます。
 サーマルヴューXでは熱画像表示中でも、保存画像でもマウスで簡単に描画することができます。描画指定領域のデータは、即座に表示され、数値比較が出来ます。

ラインプロファイル表示

 画面上に描画したライン上のプロファイルを表示することができます。
 ボタンクリック1つで該当ラインのプロファイルを表示することができ、簡単かつ即座に表示できます。

ヒストグラム表示

 全画素温度のヒストグラムを表示することができます。
 ボタンクリック1つで、簡単かつ即座にヒストグラムを表示できます。

放射率、背景温度変更

 サーマルヴューXでは全画素の放射率・背景温度の変更だけでなく、描画したポイント・ライン・エリア上の放射率・背景温度を変更することもできます。
 値を変更し、ボタンクリックするだけで、簡単に該当箇所の温度が再計算され、リアルタイム表示であれば、そのまま結果が反映されます。

放射率、背景温度変更による画像反映

 サーマルヴューXでは局所の放射率・背景温度設定を変更できます。そのため測定値は再計算されますが、その値に従って局所の色表示も再計算、反映されます。
 そのため、温度値だけでなく、色表示のよって局所の変化を視認することが容易にできるようになります。

指定領域の1フレームCSV出力

 熱画像上に描画した指定領域の温度データをCSV出力することができます。  サーマルヴューXではワンクリックで瞬時に保存することが出来ます。  リアルタイム表示を止めることなく、極めてスムーズに行えます。
 CSVデータは指定のフォルダに保存されます。  ファイルにはデータ元が記載されるため、カメラからの直接取得データなのか、保存データなのか、どのデータなのか、が分かるようになっています。

全画素データの1フレームCSV出力

 全画素の温度データをCSV出力することができます。  サーマルヴューXではワンクリックで瞬時に保存することが出来ます。  リアルタイム表示を止めることなく、極めてスムーズに行えます。
 CSVデータは指定のフォルダに保存されます。  ファイルにはデータ元が記載されるため、カメラからの直接取得データなのか、保存データなのか、どのデータなのか、が分かるようになっています。

ビットマップ出力

 ビットマップ画像を出力することができます。  サーマルヴューXではワンクリックで瞬時に保存することが出来ます。  リアルタイム表示を止めることなく、極めてスムーズに行えます。
 ビットマップデータは指定のフォルダに保存されます。  ファイルにはデータ元が記載されるため、カメラからの直接取得データなのか、保存データなのか、どのデータなのか、が分かるようになっています。

サムネイル画像管理

 保存したデータを一時的にサムネイル中に表示させておくことができます。表示させたデータはサムネイルのダブルクリックで解析画面に呼び出すことができます。
 これによりその都度開く必要なく、すぐに解析することができます。  サムネイルへの保管は静止画、動画保存時に自動的になされます。

温度バー4色

 サーマルヴューXの基本の熱画像色となります。白黒、アイロンホット、レインボー、赤青の4色です。
 白黒はセキュリティや野外の画像表示に、アイロンホットは低温から高温まで温度幅がある時に、レインボーはコントラストをつけたい時に、赤青は良く使用される標準的な熱画像色です。

温度バー6色

 サーマルヴューXの基本の熱画像色に加え、黒白、赤青(解析)の2色が加えられています。
 黒白は大変画像表示の美しい配色で、赤青(解析)はコントラストの強い赤青にしたい場合に使用します。マニュアルゲインで調整して使用します。

プラス差分2色

 差分機能のついたTDシリーズ専用の熱画像色です。赤青(差分)とレインボー(差分)の2色が加えられます。
 ともに色の中心部は黒色でTDシリーズのゼロオート機能を使用すると黒い部分が差分0℃に当たり、温度差を見やすくしています。  赤青(差分)では中心より高い温度が赤、低い温度が青となり、温度差がプラスかマイナスかの判断がしやすくなっています。  レインボー(差分)は中心を黒とした差分でコントラストをつけたい時に使用します。

ファイル名挿入ボタン

 予めユーザーが決めたファイル名を挿入することができる機能です。  6つのショートカットボタンにファイル名を記憶させることができ、熱画像保存前にクリックすることで、ファイル名に情報を追加することができます。
 ワンクリックで簡単に保存できるサーマルヴューXでは、多くのデータを取得できるため、ファイル管理が重要になります。  処理前、処理後、被験者名、ワーク名、チャンバ-番号など、予めファイル名に挿入しておくことで、フォルダで探す時点で目的のデータをみつけることができるようになります。

ファイル名挿入リスト

 ファイル名挿入ボタンに加え、リストに予め決めたファイル名を載せておき、挿入することができます。  
 リストには測定対象名や実験条件が多い場合に使用します。  例えば、ゴム、セラミック、樹脂、鉄、酸化鉄、・・・など入れておき、保存時にリストを選択、ボタンクリックすることでファイル名に挿入することができます。

指定データの時系列連続CSV出力

 サーマルヴューXではデータロガーのように、指定した領域のデータを時系列にCSV出力することができます。
 1つのCSVファイルに出力し、経過時間も残るため、保存後エクセルでグラフ作成を簡単に行うことができます。


オフセット精度調整

 ユーザーによるオフセット機能です。測定値と参照値を入れ、オフセットボタンをクリックすることで、測定値を参照値に合わせ込む、キャリブレーションを行うことができます。
 サーモグラフィでは精度に幅があり、また環境の変化などによって誤差の大小ができます。  測定環境に黒体炉や熱電対、その他参照できる温度がある場合、その温度に合わせ込むことで精度調整することができます。  また、オフセットは単純な加減ではなく、感度全体に行われるため、オフセットした温度以外でも有効です。



保存データ間の差分

 2つの熱画像を差し引きし、1つの差分画像を作成します。  保存データを呼び出し引く側のデータ(基準)と引かれる側のデータ(データ)をセットし、差分ボタンをクリックすれば簡単に差分画像を表示することができます。
 表示された差分データは温度マウスオーバーでの温度表示や温度バーでの調整を行うことができ、かつ画像上の中心温度を0℃に合わせるゼロオート、また差分色2色を使用することができます。

リアルタイム瞬時差分

 カメラ画像取得中にリアルタイムに熱画像と次に取得した熱画像の差分を表示させることができます。
 順次時間的に隣り合う熱画像を差分していくため、瞬間的な変化を捉えるのに適しています。

リアルタイム対基準差分

 カメラ画像取得中に予めセットした熱画像とリアルタイムに取得した熱画像の差分を表示させることができます。
 予めセットした基準画像に対し差分していくため、基準をセットした時点からの総変化を見ることができます。熱量のトータル変化や消費エネルギーの総量を推定、基準セット時の温度オフセットをキャンセルするなど、の使用方法があります。

インターバル温度動画保存

 設定した一定間隔で熱動画を自動保存していく機能です。  1秒から2時間まで1秒単位で設定することができます。  
 サーマルヴューXでは動画撮影は高速に行われるため、データ容量があっという間に膨れあがっていきます。そのため必要なデータのみ取得する、あるいは夜間に無人で自動計測したい、などの用途に使われます。

インターバル指定範囲CSV保存

 設定した一定間隔で指定した領域の温度データを自動保存していく機能です。  1秒から2時間まで1秒単位で設定することができます。
 データロガーのように経時変化を取得したい場合に使用します。  高速にデータ取得する必要がない場合や、夜間など長い時間無人で試験をしたい場合に使用されます。

インターバル差分動画保存

 設定した一定間隔で差分画像を自動保存していく機能です。  1秒から2時間まで1秒単位で設定することができます。
 リアルタイムに表示される差分画像を保存してきます。  後から差分画像を作成するのが手間な場合、データ容量を大きくすることなく差分動画を保存することができます。

インターバル差分指定データCSV保存

 設定した一定間隔で指定した領域の差分温度データを自動保存していく機能です。  1秒から2時間まで1秒単位で設定することができます。
 データロガーのように差分温度の経時変化を取得したい場合に使用します。  高速にデータ取得する必要がない場合や、夜間など長い時間無人で試験をしたい場合に使用されます。

高速化ウィンドウイングハーフ(100Hz)

 XA6150専用の高速撮影用機能オプション。640x240画素で1秒間にMAX100フレームの撮影が可能になります。
 非冷却式としては最高水準のフレームレート。通常高速で50~60Hzのところを、仕様画素数を限定することで100Hzまで高めた高速技術。

高速化ウィンドウイングクオーター(200Hz)

 XA6150専用の高速撮影用機能オプション。640x120画素で1秒間にMAX200フレームの撮影が可能になります。
 非冷却式としては最高水準のフレームレート。通常高速で50~60Hzのところを、仕様画素数を限定することで200Hzまで高めた高速技術。

高温計測(1200℃、2000℃)

 XA3150では1200℃(オプション)、XA6150では2000℃計測が可能です。
 炉内外監視、焼き付け工程、エンジンモニタリングなど高温現象の熱画像計測用機能。

温度検知Outlookメール送信機能

 遠隔にサーモグラフィ計測を行っている間に異常温度を検知した時、登録したメールアドレス先に温度情報付でメールが送る設定ができます。
制御PC内のOutlookを利用して送信します。また、データは時間情報と共にPC内に保存することが出来ます。

オートフォーカス

 XA6150にはオートフォーカス機能が搭載されています。
 ワンクリックで簡単に焦点を合わせることが可能です。

リアルタイムデータ平均化

 サーマルヴューXではリアルタイムかつ高速にデータを平均化することが可能です。
 平均化なしでもNETD0.05℃以下の高感度データから偏差を狭め、再現性高いデータにすることができます。1フレームごとにずらして処理を行うため、平均化しても遅延は感じられない高速処理になっています。シリーズ、タイプにより標準搭載、オプションかは異なります。

お問い合わせ