製品名|AIR32 AT120C

小型でありながら150℃環境に耐えるサーモグラフィ。通常50℃程度しか使用できないサーモグラフィを狭小、高温空間に設置して温度モニタリングすることができます。

150℃環境化でも使用可能。

 サーモグラフィなどカメラは通常常温付近で使用することを想定して作られています。そのため50~60℃を超える環境では使用できません。
本機は小型冷却ボックスにサーモグラフィを収納した150℃まで使用可能(測定精度を保証する環境温度は120℃まで)な熱画像装置です。通常使用できない高温環境で威力を発揮します。

耐高温環境ながら小型設計

 冷却ボックス付ながら70x70x100mm程度の小型設計で狭小な場所に設置することができます。
加熱炉、エンジンコンパートメント、環境試験室など様々な場面でお使いになれます。

動画解析に優れたハイエンド解析ソフトウェア

 環境試験では経時変化が重要になります。本機では動画撮影が基本となり、時間ごとの測定データが取得できます。