コンセプト|サーマルヴューX

 価格100万円を切るサーモグラフィが発売されたのが約8年前です。コスト的に入手しやすくなったことで市場が大きくなり、その結果として価格の低下とパフォーマンスの向上が進んでいきました。  サーモグラフィはその数量として分電盤、設備の点検、あるいは建築物の検査のニーズが高く、その結果低価格で小型ハンディタイプが好まれ、それに見合った機種が多く出されました。

 また研究開発・温度計測向けには大型のハンディタイプが高解像度、高感度品として提供されてきました。  しかし、市場が大きくなり、ユーザーが増えるにつれて使う用途も広がっています。サーモグラフィの種類は極端に増えないため、結果サーモグラフィに合わせて使う、ということが起きています。  そこでサーマルヴューXが以下のコンセプトで生まれました。



  • ハイパフォーマンスカメラを、目的に合ったアプリケーションを選び、低コストで用途に合うように使う
  • カメラ(画素数、速度、波長)を選択
  • アプリケーションソフトを選択する
  • パソコンを使用することで高性能CPUと大容量メモリを低コストで利用する
  • ユーザーの使い方にあった物を選択する
  • アプリケーションの拡張性を持たせ、将来的な用途の変化にも対応する
  • クリック動作ベースの簡単な操作を追求
  • 機能のカスタマイズに柔軟に対応できる



 現在カメラ 8 種類、アプリケーション 20 種類、160通りの選択が可能です。

ラインナップ共通特徴

  • 幅広いラインナップ。コスト重視からハイエンド高解像度版まで
  • 画素数5000画素、2万画素、8万画素、32万画素から選択
  • 全機種高感度マイクロボロメーターを採用。
  • 全機種最小温度分解能(NETD)は0.05℃以下(@30℃)。ミドル~ハイエンドクラスに相当。
  • 全機種ギガビットイーサネットによる高速通信。
  • PoE搭載。イーサネット経由の電力供給Power Over Ethernetが可能
  • 全アプリケーションでカメラ画素数に関わらずVGA(640x512画素)の大きな画像に表示
  • リアルタイム表示
  • マウスクリックで簡単操作
  • マウスオーバーで簡単に測定温度を確認

シリーズ一覧

Base  サーマルヴューXシリーズの基本アプリケーションで最廉価品。画像取得、温度測定、ビットマップ保存など基本機能のみを搭載したサーモグラフィで、コスト重視のユーザ向け。
OFS  ユーザーオフセット機能を搭載したサーモグラフィ。熱電対と併用するユーザーに最適。
CSV  指定点や線、エリアの温度情報を連続的にテキスト出力できる機能を搭載。経時的な変化をロガー感覚で温度データを取得したいユーザーに最適。
TD  温度変化を画像にするサーモグラフィ。指定エリアを拡大表示するウィンドウを2つ搭載。最大4画面で熱画像を表示でき、熱設計において温度変化を捉えたい、あるいは電子基板など小さい部品を搭載した対象を評価したいユーザーに最適。
HR  人体や生体などをリアルタイム熱画像表示しながら、保存データとの比較を行いたい、あるいは人に見せたいというユーザーに最適。


シリーズごとのタイプ

Base Base、Type S
OFS Type B、Type S、Type T
CSV Type B、Type F、Type W
TD Type B、Type F、Type S、Type CU
HR Type B、Type F、Type S、Type O、 Type FO、 Type R

サーマルヴューX機能一覧

サーマルヴューXカメラ一覧